「ぷ、P君結構やるじゃない…!」